介護士の求人・転職のことならCMEコンサルティングへ/介護士の求人・転職なら【CME介護士】

COLUMN

転職マニュアル・ポイント

STEP4面接に挑む

さあ、いよいよ面接です。
どの職種にも面接はありますが、接客業務に就く職場が多い介護士は、面接時の出来が合否を大きく左右します。
面接官は、あなたの何を見ているか?
ここに絞ってポイントをおさえていきましょう。

面接官は、あなたの「人柄」を見ています。

ポイント① 話し方、聞く姿勢に注意を払う

面接官は、あなたの「性格」「顧客への対応力」を見ています。

企業(施設)の説明を聞く際、無反応だったり、面接官と目線を合わせないなどは悪い印象を与えます。
無反応な態度は、「この人、ちゃんと聞いているんだろうか?」という印象を与えてしまいますので、話の区切りや、「~~となっています」というところで、相槌を入れましょう。
頷くだけの相槌ではなく、「はい」と声に出すことです。
これは意外と意識していないと出来ないことです。
目線を合わせないのも悪い印象を与えます。
話をする際には、聞いてほしいという意思表示、聞く際には、興味があるという意思表示に繋がりますので、これも意識して臨んでください。

ポイントは、
  • 話をするときは、聞いている側の気持ちを考えて話すこと
  • 話を聞くときは、話している側の気持ちを考えて聞くこと
です。

ポイント② 応募企業(施設)への興味と意欲を伝える

面接官は、あなたの「社会性」「入社後に活躍する可能性」を見ています。

どんな面接でも必ず聞かれる志望動機です。
ありきたりの志望動機は、面接官も慣れています。
どの企業(施設)の面接でも同じ言葉となる志望動機では、あなたの意欲が伝わらず、残念な結果になるケースがあります。
そこで、対策としては、事前に応募企業(施設)の情報を少しでも多く収集することや施設見学等で特徴をつかんでおくことが必要です。
「こちらの施設で、○○を目にしました。私が勤務している施設では行っていないことなので、新たな発見でした・・」など、実例をもとに興味を持った事柄を交えると良いです。
あなたの前向きさや積極性をPRするために、面接官に好印象を与える材料を準備しましょう。

ポイントは、
  • なぜ転職したいのか?
ではなく、
  • なぜ応募企業(施設)を選んだか?
です。

ポイント③ ネガティブ発言は絶対に避ける

面接官は、あなたの「考え方」「入社後の定着性・成長の可能性」を見ています。

志望動機と同じく、前職の退職理由や現職を退職したい理由を質問されます。
この質問に対してどう答えるかで、あなたの印象は大きく変わります。
①で述べたとおり、転職理由は様々です。嘘はもちろん良くありませんが、ストレートに正直すぎるのも悪い結果を招く場合があります。
重要なのは、転職理由がマイナスなことでも、それを解決しようとしてみたか、また、今後成長するためにどう考えているかです。
「今の会社は○○なので、同僚も辞めたがっています」「上司が○○で、自分には合いませんでした」など、聞き方によっては悪口や愚痴と捉えられる表現は絶対にしないでください。

ポイントは、
  • 「○○だから、嫌になった」
という終わり方をせず、
  • 「○○でしたが、私は□□と考え、~~の努力をしました」
という、次に繋がる考え方を出すことです。

「緊張しないように」と、よく言いますが、面接ですから緊張するのは当たり前で、あえて適度に緊張して臨んでください。
最も重要なのは、あらゆるケースに対応できるよう事前準備をしっかり行うことです。
企業(施設)の下調べ、想定される質問への回答、自己PRで必ず話したいことなど、紙に書きだしておくくらいの入念な準備をしましょう。

コンサルタントへ個別の面接対策を依頼する